コロナ禍での認知症介護

目安時間 8分

こんにちは。

 

樋口です。

 

新型コロナウイルスにより、

私達介護職、そして認知症の方をケアするご家族は、

今までに経験のない対応が求められてきました。

 

今回は、コロナ禍の認知症ケアを考えます。

 

認知症の方の最善の感染予防対策は・・・

 

認知症の方に限らず、新型コロナウイルスの感染予防対策は、

もう皆さんご存知の通り、

 

・「3密(密閉・密集・密接)を避ける」

 

・「マスクを着用する」

 

・「こまめに手洗い、うがい等をする」

 

これにより、多くの人が集まると思われるイベントの中止や、

スポーツ界でも、無観客で試合を行うなどの対応が取られていますよね。

 

では、認知症の方の感染予防を考えると、

 

そもそも、認知症の方はコロナが猛威を振るう以前から、

外出する機会は少ないのです。

 

認知症の方が多くの人が集まるイベントに参加したり、

居酒屋でお酒を飲んで大騒ぎ・・なんて、まずないでしょう。

 

つまり、認知症の方が新型コロナウイルスに感染するパターンは、

 

感染者との濃厚接触です。

 

 

まず、家族がしっかりと、

3密を避け、マスクを着用し、手指消毒、うがい等を行い

不要不急の外出を控える等で感染予防対策をする。

 

これが認知症の方への最善の予防対策につながります。

 

介護施設の対応は・・・

 

私の施設で実施している感染予防対策は、以下の通り。

 

・出勤時及び施設への出入り時の検温、手指消毒

 

・サージカルマスクの着用 (職員、ご利用者全員)
※サージカル(surgical)=「外科の、手術の」という意味で、医療用マスクです。

 

・施設内の消毒

 

・定期的な換気

 

・ご家族の面会制限 等々。

 

 

まず職員の出勤時及び施設への出入り時には、玄関横に検温と手指消毒が同時に出来る

非接触型のハンズフリー機器を設置し実施しています。

職員だけでなく、業者の方々にも実施して頂いています。

 

体温が37.5度以上の場合、出勤、出入り停止です。

 

 

サージカルマスクの着用で一番問題なのは、

認知症のご利用者が息苦しさから、外してしまうこと。

これは根気よく声かけしていくしかありません。

 

施設内での消毒は、玄関や居室、トイレ、手すり、テーブル、椅子、洗面台、エレベーターなど

とにかくて手を触れるところは全てです。

 

定期的な換気では、高齢のご利用者は風を感じるだけで「寒い」と訴える方も多いのですが、

ひざ掛けなどで対応しつつ実施しています。

 

ご家族の面会も窓越しに行うなど、とにかく施設内にウイルスを持ち込まないよう徹底しています。

 

コロナ禍でどう過ごしていくか

 

新型コロナウイルス感染症の予防ワクチン接種も始まりましたが、

まだまだ感染予防していかないといけませんよね。

 

ただ認知症の方に過度に自粛を求めることとなると、

運動機能や認知機能の低下を招き、結果、認知症が進行するリスクが高くなります。

 

まず家族がしっかりと感染予防を実施しながら、

例えば短い時間でも密を避け、マスクを着用し、

散歩などで、気分をリフレッシュし、

帰宅時には、手指消毒、うがいを徹底する。

 

また上述した通り、感染予防を徹底している介護施設は、安全な場所とも言えます。

感染が怖いから施設利用を躊躇するのではなく、

 

コロナ禍での認知症進行リスクを防ぐための施設利用

 

という考えで検討する必要もあるでしょう。

 

新型コロナウイルスを正しく恐れ、感染予防をしっかり行った上で

少しでも以前の生活に戻していくことが大切ではないでしょうか。

 

 

 

■■■■■あなたの質問や感想などもお待ちしています■■■■■

 

本日も、最後までお読み頂き、ありがとうございます!

 

もし宜しければ、

ブログから、【人気ブログランキング】の応援クリックを頂けましたら幸いです!!

 

⇒  https://kaigo-goodlife.com/thank-you-for-your-click

 

只今、いい順位をキープさせて頂いております。

ありがとうございます!!

 

その他、感想や相談など、

なんでも気軽にお送りください。

 

⇒  https://kaigo-goodlife.com/contact

 

 

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

新型コロナウイルス・・

 

我々、介護職も正直、対応に苦慮する場面もあります。

 

窓越しに面会して下さるご家族を見ていると、

申し訳ない気持ちにもなります。

 

うちのご利用者さんは歌を唄うことが好きな方が多いのですが、

マスクを着用したまま唄うのって、結構キツイですよね。

 

自粛することが大きなストレスとなって、

頻繁に離設されようとするご利用者さんもいらっしゃる。。。

 

でも、医療、介護だけでなく、様々な方々が大きな影響を受けています。

 

軽々しく「頑張っていきましょう」と言える状況ではない方もいらっしゃる。

 

 

1日でも早く収束し、以前の生活が戻ってくることを願って・・・

 

 

メルマガのお申込みはこちらから

上記のバックナンバーを読んで

このメルマガの購読価値があると思われた場合には

以下より購読(無料)をお申し込み頂けます。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

樋口 修

小規模多機能型居宅介護施設 管理者

樋口 修

カテゴリー
最近の投稿
コメント
アーカイブ