一時帰宅で家族と過ごしたスーさんが大興奮で・・・

目安時間 10分

こんばんは。樋口です。

 

先日、施設ご利用者のスーさん(仮名)が一時帰宅され、
ご家族と一緒に楽しい時間を過ごされたかなぁ~

 

とか思っていたのですが、

 

施設に戻られたスーさんは大興奮状態・・・

 

いったい何があったんだぁ~??

 

一時帰宅されるご利用者さんへの施設の対応は・・・

 

例えば、ご家族より、

 

「12月12日、日曜日に子供や孫達が遊びに来るので、

その日は一時帰宅して、皆で昼食を食べたいと思っています」

 

と、ご連絡頂いた際、

直ぐにご利用者さんにお伝えするのは控え、

別にサプライズというわけではないんだけど、

出来る限り当日にお伝えするようにしています。

 

特に施設での宿泊が長くなっているご利用者さんへは・・・

 

その理由は、2つ。

 

理由その1

事前にお伝えした場合、

自宅に帰れるという事だけがしっかりインプットされ

帰る日時が記憶に残っていないと、

 

「ねぇ、今日帰れるんでしょう?」

「ちょっと、迎えが来ないんだけど・・・」

「あなた、帰れるって言ったじゃない!」

 

等々、かえって不安材料となってしまうケースがあるんです。

 

 

理由その2

ご家族サイドの都合が悪くなり、

一時帰宅そのものが中止や延期となる事も無いとは言えません。

 

私達だって、楽しみにしていた予定が

自分以外の都合でキャンセルとなれば、

決して良い気持ちにはなりませんよね。

 

って言うか、

期待が大きければ大きいほど、凹むでしょ。

 

ましてや施設でロングステイとなっている

おじいちゃん、おばあちゃんにしてみれば、

 

久々に我が家に帰れる。

子供や孫達に会える。

 

もぅメチャメチャ楽しみにしていると思うんですよ。

 

 

という事で、出来る限り当日にお伝えです。

 

まぁ、当日にお伝えして、

 

「前から分かっていたんだろう!」

 

とか怒られたこともないし、

 

笑顔で「行って来まーす!」です。^^

 

スーさんに何が起きた・・?

 

で、一時帰宅決定のスーさん、

 

帰宅当日に、

「スーさん、今日はお昼前に息子さんご夫婦がお迎えに来て、

お昼はご自宅で皆さんと一緒にお食事ですよ~」

 

とお伝えすると、

普段から割とクールなスーさん

「あら、そうなの?」

って感じ。

 

でも、息子さん夫婦がお迎えに来た際には、

お嫁さんに「ご苦労様ね」とにっこりと笑顔を見せ

外出されました。

 

夕方には施設に戻られたスーさんですが、

何やら不穏な感じ・・・

声がけして状況を把握しようとする職員にも

時折、声を荒げたり。。。

 

スーさん、どうしたんだろう?

 

と、外出中に何かあったのかと

ケアマネがご家族に確認すると、

 

自宅に帰られた際に、近所の方とお会いし、

「あら、スーさんお久しぶり、お元気?」

と声をかけられ、

「まぁ、どうぞどうぞ」

という流れで、自宅で暫しご歓談。

 

施設にお戻りの予定時間が迫っていたことから、

ご家族が「そろそろ時間・・」と

ご近所の方とのお話しを遮った形となったところで

スーさんの怒りのスイッチがONに。

 

施設に戻るため自家用車への乗車を勧めても、

頑なに拒否され、最終的には息子さんご夫婦が

半ば力ずくで後部座席に乗車させたとか。。。

 

さらに車で移動中も、

「何やってんの、降ろして!」

と走行中の車のドアを開けようとされ、

車内大パニックだったご様子。

 

その状態が施設に戻られても続き、

職員が横についても厳しい表情で、

夜間には、睡眠もままならない感じで

何度となく離床されては、

 

「警察呼んで頂戴!」

「訴えてやる!」

 

となかなか怒り収まらずでした。

 

そこが介護士の腕の見せ所でしょう~

 

今回の場合、ご家族も時間までに施設に戻らないと・・

という事もあり、スーさんに対し強制的にとなりましたが、

これは絶対NGでエスカレートするだけです。

 

乗車拒否 → 無理矢理乗せる → 車内で暴れる

 

どんどん興奮されていきますから、

落ち着きを取り戻すまでにも

更に時間を要することとなります。

 

まず冷静に話しをしながら、

ご本人が納得したところで行動する。

 

そのためには、時には色々な角度からお話しをしていかないと

なかなか納得してもらえない事もあります。

 

また言葉でプレッシャーをかけないことも大切。

 

「何で○○しないの!」

 

「○○だから、早くして!」

 

「何言ってるの?」

 

「何度も何度も同じことを・・・」

 

 

これらって、ほぼご家族だったり施設側の都合で発してないですか?

この都合をご本人に押し付けも納得を得るのは困難です。

 

まぁご家族だからこそ親に対する想いから

余計に難しかったりもするんですけどね。

 

スーさんの場合、

ご家族としては施設への帰設時間が気になり

ついつい強制的に。。。

 

こんな時は、施設に電話1本入れて、

事情を説明した上で、遅れると連絡しておけばよいのです。

 

遅れる事を四の五の言う施設はないと思いますよ。

 

うちだったら状況によっては、

職員を自宅まで行かせる事も検討します。

 

あと、ご本人が興奮して寝ない、

体調の事も考え、誘眠剤を服用してもらい、

まず、寝てもらう。

 

まぁ、ご利用者さんの体調を考えてという点で

分からなくもないと考えてしまいがちですが、

それって介護って言えますかね?

 

ただただご利用者さんを管理、支配していませんか?

 

ご利用者さんに寄り添って、落ち着きを取り戻してもらう。

 

介護士の腕の見せ所でしょう~

 

 

■■■■■あなたの質問や感想などもお待ちしています■■■■■

 

本日も、最後までお読み頂き、ありがとうございます!

 

もし宜しければ、

ブログから、【人気ブログランキング】の応援クリックを頂けましたら幸いです!!

 

⇒  https://kaigo-goodlife.com/thank-you-for-your-click

 

只今、いい順位をキープさせて頂いております。

ありがとうございます!!

 

その他、感想や相談など、

なんでも気軽にお送りください。

 

⇒  https://kaigo-goodlife.com/contact

 

 

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

スーさん、一時帰宅の翌日は入浴予定日で、

入浴中に職員に、

「昨日は、息子達にいっぱい怒られて・・」

と、やや凹まれていたようです。

 

認知症が進行すると出来事は忘れてしまっても、

その時の感情は長く心に残ります。

 

スーさんも「息子達にいっぱい怒られて・・」

とおっしゃったように、怒られたという感情が残っているんです。

 

この感情がお互いの信頼関係を築く事を困難にもします。

 

介護において信頼関係を築く事。

これって最重要課題ですね。

 

 

メルマガのお申込みはこちらから

上記のバックナンバーを読んで

このメルマガの購読価値があると思われた場合には

以下より購読(無料)をお申し込み頂けます。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

樋口 修

医療法人社団OFC 小規模多機能型居宅介護施設 ファミリーケア浜須賀管理者 FineVillageげんき村 ヘルス・プロ エグゼクティブ・アドバイザー

樋口 修

カテゴリー
最近の投稿
コメント
アーカイブ