在宅介護での夜間のトイレ、オムツ交換で睡眠不足 排泄介助を軽減する方法

目安時間 8分

こんにちは。

 

樋口です。

 

 

在宅介護をされているご家族から、

 

「夜、何度も起こされて・・つらいです。」

 

という言葉をよくお聞きします。

 

特に深夜のトイレ、オムツ交換など、排泄介助の負担は大きいですよね。

 

という事で、今回は夜間の排泄介助を出来る限り軽減する方法をお伝えします。

 

夜中にトイレに行きたくなる原因は

 

これは要介護かどうかを問わず、加齢による身体の変化が原因となります。

 

つまり、加齢により膀胱の機能が低下し、尿を貯めておく容量が減少するのです。

 

また、睡眠中の尿量をコントロールする抗利尿ホルモンの分泌が減少することで
夜間の尿量が増えることもあります。

 

その他には、糖尿病などの病気が原因となったり、

今飲んでいる薬の副作用だったり、

高血圧に伴う夜間多尿などがあります。

 

 

夜間、排尿のために1回以上起きなければならない症状を

 

「夜間頻尿」と定義されています。

 

 

えっ、夜間1回で・・・?

 

私も夜間頻尿・・・?

 

と思われた方も多いのではないでしょうか。

 

 

但し、夜間頻尿は、ご本人または介護者が治療を希望していること、

また、ご本人の生活の障害になっていない状況では、医療上の問題にはなりません。

 

通常2回未満は正常と見なされます。

 

夜間のトイレ排泄のリスク

 

誰しもが加齢により運動能力は低下していきますが、

特に寝起きの際には、思うように身体が動かず、
足元がふらついたりすることで、転倒による骨折などのリスクが高まります。

 

また夜間のトイレが頻回となると、当然、睡眠の質は低下し、

不眠や昼夜逆転など睡眠障害を起こしやすくなります。

 

睡眠障害の対応に関しては、以前まとめていますので参考にして下さい。

 

「不眠や昼夜逆転の睡眠障害の対応は・・・」

 

夜間のオムツ交換の頻度を減らすには

 

まず大切なのは、オムツや尿取りパッドは、

ご本人のサイズに合ったものを選び、正しく当てることです。

 

その際に、オムツと尿取りパッドを同じメーカーの物で使用するのもポイントです。

フィットしやすく、漏れが軽減されるといったメリットがあります。

 

オムツや尿取りパッドは、技術的にかなり進歩していて、

多量の尿を吸水するだけでなく、逆戻りもせずに

長時間対応の物も数多く出ています。

 

これらを使用することで、ご本人が不快感なく

ぐっすりと睡眠を取れる状況が整えば、

夜間のオムツ交換の頻度を減らす事は可能です。

 

在宅介護で大切なのは、実はあなたの睡眠

 

介護をするあなたが睡眠を削っていたら、疲れを回復する事は出来ません。

日中、仕事をされていれば、そちらにも影響を及ぼすでしょう。

 

肉体的にも精神的にも、介護がつらくなります。

 

あなたが在宅介護を続けていくには、

あなたの睡眠と休息が一番大切なのです。

 

 

それでも、どうしても夜間の対応が必要となってしまうなら、

介護施設を上手く利用するのも一つの方法です。

 

例えば、週のうち2~3日は、施設のショートステイ(お泊り)を利用し

夜間の介護をプロに任せ、あなたはしっかりとリフレッシュするとか。

 

今までに何度となくお伝えしていますが、

 

介護は一人で支えきれるものではないし、

 

施設利用は決して親不孝ではない。

 

 

あなたがもし倒れたら・・・

 

一番悲しむのは、あなたが介護をされてきた方ですよ。

 

 

 

■■■■■あなたの質問や感想などもお待ちしています■■■■■

 

本日も、最後までお読み頂き、ありがとうございます!

 

もし宜しければ、

ブログから、【人気ブログランキング】の応援クリックを頂けましたら幸いです!!

 

⇒  https://kaigo-goodlife.com/thank-you-for-your-click

 

只今、いい順位をキープさせて頂いております。

ありがとうございます!!

 

その他、感想や相談など、

なんでも気軽にお送りください。

 

⇒  https://kaigo-goodlife.com/contact

 

 

 

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

以前、うちの施設ご利用者さんが病院から退院される時に

看護婦さんが、ご家族に

 

「腰の仙骨部に赤みがあるので、褥瘡にならないように、

夜2~3時間おきに体位交換してあげて下さい」と。。。

 

疑問1.

うちの施設ご利用時には、仙骨部に赤み無かったのですが、

入院中、体位交換されていたのでしょうか??

 

疑問2.

ご家族に、夜2~3時間おきに体位交換してあげて・・って

寝ずに介護してって言ってるのと同じですよね??

 

 

看護にしろ介護にしろ、褥瘡対策での体位交換は常識です。

 

常識ではありますが、例えば、ご家族に伝えるなら、

ご家族も睡眠が取れるように、

 

就寝時、体圧を分散させるエアマットをお勧めします。とか、

 

圧迫されているところにスポンジを入れて・・とか、

 

衛生面や栄養面で、ご家族が対応出来るアドバイスをするとか。

 

 

プロには、当然そこが求められると思うんですが、

あなたはどう思われますか?

 

 

メルマガのお申込みはこちらから

上記のバックナンバーを読んで

このメルマガの購読価値があると思われた場合には

以下より購読(無料)をお申し込み頂けます。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

樋口 修

小規模多機能型居宅介護施設 管理者

樋口 修

カテゴリー
最近の投稿
コメント
アーカイブ