認知症と介護 スピーチロックの具体例と対策方法

目安時間 6分

こんにちは。

 

樋口です。

 

前回、言葉による拘束と言われる「スピーチロック」について解説しましたが、

 

今回は、そのスピーチロックの具体例と対策方法をお伝えします。

 

スピーチロックの具体例

 

例えば、ひとりでは歩行困難で転倒リスクの高いご家族が

椅子から立ち上がり、

 

「部屋で横になって休みたい・・」

 

と言った際、あなたは咄嗟に、

 

「ちょっと待っていて!」

 

と声をかけます。

 

あなたにとっては何気ない対応かもしれませんが、

言われたご家族は、いつまで待てばよいのか分からず、

自分の要望は無視されたと感じてしまいます。

 

さらに認知症の場合には、あなたに声をかけたことも忘れ、

 

あなたが、

 

「ちょっと待っていて!」

 

と声をかけた後、しばらくして

 

「どうしたの?」

 

と聞いても、今度は自分の要望が、

上手く伝えられないということもあります。

 

そこで、あなたが、

 

「とにかく危ないからじっとしていて」

 

と言ってしまえば、ご家族は更にあなたに声をかけづらい状況となり、

自ら意思表示することを躊躇するようになってしまいます。

 

この様な光景は、家庭だけではなく、

介護施設でも見受けられるのです。

 

いや、むしろ介護のプロとして施設ご利用者に怪我をさせてはいけない!

という強い思いがある分、介護施設職員の方が、強い口調で

スピーチロックしている可能性すら考えられるのです。

 

スピーチロックの対策方法

 

スピーチロックせずに、こちらの要望を伝えるには、

 

まず相手の行動を拘束しないように、言葉を選んで言い換える必要があります。

 

いきなり全て言い換えて・・というのはとても困難です。

 

以下に良く使われる言葉をどう言い換えるとよいか、

具体例をまとめたので、参考にして頂き、

少しずつでも意識して取り入れることで、

スピーチロック回避につながっていきます。

 

 

ちょっと待って! ⇒ ○○しているので、あと△△分、待ってもらえますか?

 

座ってて! ⇒ ○○すると危ないので、座っていてもらえますか?

 

じっとしてて ⇒ 一緒に○○へ行くので、待っててもらえますか?

 

やめなさい! ⇒ どうしました?

 

何しているの! ⇒ 今度から一緒に○○しましょうか?

 

 

上記はほんの一例ですし、別の言い方もあるでしょう。

 

ただポイントは、強い口調で言うのではなく、

優しい言葉で丁寧に伝える事を意識することです。

 

また相手の要望をしっかりと聞いた上で、

言葉をかけることも大切なポイントです。

 

こちらの意見を押し付けるのではなく、

相手が行動を選択出来る話し方、

これだけでかなり優しい言葉に変わりますよ。

 

 

 

■■■■■あなたの質問や感想などもお待ちしています■■■■■

 

本日も、最後までお読み頂き、ありがとうございます!

 

もし宜しければ、

ブログから、【人気ブログランキング】の応援クリックを頂けましたら幸いです!!

 

⇒  https://kaigo-goodlife.com/thank-you-for-your-click

 

只今、いい順位をキープさせて頂いております。

ありがとうございます!!

 

その他、感想や相談など、

なんでも気軽にお送りください。

 

⇒  https://kaigo-goodlife.com/contact

 

 

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

スピーチロックって、自分の親や介護施設のご利用者だけに限らず、

 

例えば、会社の上司と部下の関係だったり、

 

友人関係でも起こる問題ですよね。

 

特に上司が・・となると、

 

パワハラとも取られることもありえるわけで・・・

 

その立場の方も十分注意して下さいませ!

 

 

メルマガのお申込みはこちらから

上記のバックナンバーを読んで

このメルマガの購読価値があると思われた場合には

以下より購読(無料)をお申し込み頂けます。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

樋口 修

小規模多機能型居宅介護施設 管理者

樋口 修

カテゴリー
最近の投稿
コメント
アーカイブ