認知症の症状は改善します!これ本当ですか?

目安時間 5分

こんばんは。

樋口です。

 

認知症の症状は改善する・・

 

これ本当だと思いますか?

 

認知症の中核症状と周辺症状(BPSD)

 

認知症には中核症状と周辺症状があります。

 

中核症状と周辺症状の違いは、

こちらの記事を参考にしてみて下さい。

 

「認知症 中核症状とBPSDの違い」

 

まず、記憶障害とか見当識障害は、中核症状なので

改善は厳しいと言えます。

 

しかし、周辺症状と言われる

暴言、暴力、興奮、幻覚、妄想、徘徊等は、

認知症そのものの症状ではありません。

 

つまり認知症の方は、

「ここはどこ?」「あなた誰?」「これ何だっけ?」

といった記憶障害や見当識障害に困っている状態なんです。

 

ここで、「何言ってんだよ!」とか「しっかりしてくれよ!」

といったようなプレッシャーをかけられると、

中核症状から徐々に周辺症状が発生してくるのです。

 

逆に適切な環境と対応によっては、

周辺症状が消える事は多いのです。

 

介護に苦慮してしまうのは、周辺症状

 

施設利用のご相談でご家族からよくお聞きするのが、

上記のような周辺症状によって、介護が限界に達している・・

ということ。

 

これは在宅介護に限らず、介護施設でも

周辺症状が出たら対処というところが多いのでは?

と思います。

 

「興奮しているから、薬で・・・」

「徘徊するから鍵をかけて・・・」

 

これって介護でしょうか?

 

介護ではなく管理じゃないでしょうか。

 

認知症の方との信頼関係

 

では、周辺症状が出ないようにするには

どうすればよいか?

 

ご家族は、言葉や態度でプレッシャーをかけていなかったか。

 

まずはここを再確認した上で

コミュニケーションをとっていきましょう。

 

ただただ認知症に困っているだけの方に、

困らない状況を作っていくと意識してみて下さい。

 

 

という事で、答え

 

 

「認知症の症状は改善します!」

 

 

■■■■■あなたの質問や感想などもお待ちしています■■■■■

 

本日も、最後までお読み頂き、ありがとうございます!

 

もし宜しければ、

ブログから、【人気ブログランキング】の応援クリックを頂けましたら幸いです!!

 

⇒  https://kaigo-goodlife.com/thank-you-for-your-click

 

只今、いい順位をキープさせて頂いております。

ありがとうございます!!

 

その他、感想や相談など、

なんでも気軽にお送りください。

 

⇒  https://kaigo-goodlife.com/contact

 

 

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

私もそうですが、介護職の方がご利用者との信頼関係を築くには、

その方の経歴、職歴、今までの生活状況、性格などを

しっかりと把握した上でケアする必要があります。

 

つまりアセスメントをしっかり頭に叩き込む!

 

介護職の方、ココをしっかり時間をかけて

ご利用者と信頼関係を築いていこう!

と意識するだけで、色々なアプローチが生まれてきますよ!

 

管理じゃなく介護で!!

 

今日の編集後記は、

意外と介護職の方の読者も多いようなので・・^^

メルマガのお申込みはこちらから

上記のバックナンバーを読んで

このメルマガの購読価値があると思われた場合には

以下より購読(無料)をお申し込み頂けます。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

樋口 修

医療法人社団OFC 小規模多機能型居宅介護施設 ファミリーケア浜須賀管理者 FineVillageげんき村 ヘルス・プロ エグゼクティブ・アドバイザー

樋口 修

カテゴリー
最近の投稿
コメント
アーカイブ