認知症 独り言から入浴拒否

目安時間 12分

こんにちはー
樋口です。

 

前回の編集後記でもチョット触れましたが、

今回は、坂本(仮名)じぃちゃんの

怒りの独り言(独語)の続編。

 

しかも私も当事者のひとり・・って??

 

独り言から怒り、そして入浴拒否へ

 

さて、前回、認知症による独語
その原因と対応方法をお伝えしました。

 

まだご覧になられていない方は、

宜しかったら以下のリンクからどうぞ!

 

⇒ 認知症による独語 原因と対応方法

 

 

さて、今回も坂本じぃちゃんの独語ですが、

 

施設で他のご利用者皆さんがいらっしゃるフロアーを離れ

1人玄関にあるソファーに座り、

 

「どいつもこいつもグルになりやがって・・・」

 

「裁判で訴えてやる・・・」等々

 

と怒りの表情。

 

 

当日、入浴担当の職員が、

 

「坂本さん、今日は入浴の日ですよー
入りましょうか~」

 

と声をかけると、

 

「俺は風呂なんか入らねぇ!

今日限りでココを辞める!!」と・・・

 

職員が

「今日は寒いから、お風呂でゆっくり温まりませんか?」

 

等々、色々と声をかけても

頑なに拒否。

 

「施設長、坂本さん、凄く怒っていて

入浴してもらえません。。。」

 

まずは怒りの原因を探る

 

そこで、私はソファーに座っている坂本じぃちゃんの隣に座り、

 

「坂本さん、どうした? 何かあった?」

 

と、前回と同様に尋ねると、今回は、

 

「あのよー、ココの施設長と医者がグルになって

俺の年金全部下してるんだよ!!」

 

「ココには長い事世話になったけどよ、

申し訳ないけど、今日限りで辞める!!」

 

 

ん? ココの施設長?? 私???

 

「坂本さん、ココの施設長は私なんだけど・・・」

 

と伝えると、

 

「じゃあ、アンタじゃねぇや。

でもよ、年金全部、持っていかれてんだよ。

俺は1度も医者になんてかかってねぇーぞ」 と。

 

 

とりあえず、私ではないらしい。

っていうか、もちろん医院長でもないのだが・・^^;;

 

 

で、この後もゆっくりと話しを聞きながら原因を探ると

 

どうも自宅で自分の通帳を見て、
口座振替、いわゆる、自動引落になっているものに

納得がいかない、というか理解出来ていないご様子。

 

うちの施設利用料等も口座振替なので

医療法人社団○○○で自動引落となっている事、

 

ご家族が坂本じぃちゃんに、

 

「お父さんが行っている施設でかかったお金」

 

と説明されている事から、どうやら、

 

「ココの施設長と医者がグルになって・・」

 

の展開になってしまったよう。。。

 

少しずつ、ゆっくりと

 

怒りが収まってくる前に、

いくら目先を変えた話をしても

効果は薄いのです。

 

って言うか、逆効果にもなりえます。

 

 

怒り爆発している人に、

 

「まぁまぁ、お風呂でも・・」

 

と誘っても、下手すれば

 

「うるせぇー、入らねぇって言ってんだろ!!」

 

となるわけですよ。

 

じゃ、どうするか。

 

先ずは一旦、相手の気持ちを受け入れること。

 

今回の場合で言えば、

 

坂本のじぃちゃんは、勝手に年金が下されている事に

怒りが爆発しているので、その気持ちを一旦、受け入れる。

 

 

以下、私と坂本じぃちゃんの会話の一部。

 

 

「坂本さん、年金が勝手に下されていたら、

そりゃビックリするわな~」

 

「そうりゃそうだよ、しかも毎月だぞ!」

 

(うーん、おそらく施設利用料等だからね、毎月だよな・・私の心の声)

 

 

「坂本さん、それさぁ、1度ちゃんと調べた方がいいね。

お金の事だしね」

 

「おー、家に帰ったら調べてみるよ。

心配かけたな・・・」

 

「いやいや、坂本さんに、私がグルになってと言われた時には

ビックリしちゃったよ!(笑)」

 

「アンタじゃないって事は分かっているからよー(笑)」

 

「あっ、私ね~、歴代の施設長さんの中でも、

1番施設長らしくない施設長って医院長に言われているからね。

坂本さんも、私が施設長とは思ってなかったでしょう?(笑)」

 

「誰が施設長とか聞いた事もなかったし、

アンタが施設長とも知らなかったからよ~(大笑)」

 

 

ようやく坂本じぃちゃんに笑顔が戻ってきました。

 

 

さらに、ここでワンクッション入れて

 

坂本じぃちゃんの不安を和らげながら、

もうひとつのミッション。

 

「入浴」

 

坂本じぃちゃんに笑顔が戻ってきた段階で

入浴のお誘いをしてもOKだったかもしれないのですが、

ここでは、もぅワンクッション入れました。

 

それは、

普段、坂本じぃちゃんは、よく施設の庭に出ては、

落ち葉拾いをしてくれたり、

ゴミを拾ってくれたりするじぃちゃんなんです。

 

そこで、

 

「坂本さん、今日、市のゴミ回収の日でさ、

うちの前に出されたゴミを全部、

さっきゴミ回収車が持って行ってくれたんだけど、

ついでにそこの掃除をしよかと・・

 

手伝ってくれると助かるんだけどお願いできますか?

 

外用のほうきもこの間、買ったんだけど。。。」

 

 

「ほうき?、どこにあるんだよ」

 

 

で、快く引き受けてくれました。

 

 

で、掃除が終わった後に、

 

「坂本さん、ありがとうー

手伝ってもらって助かったわ~

 

外も綺麗になったし、寒かったでしょう?

お風呂の準備が出来ているから、

温まって、さっぱりしてきましょうか?」

 

 

で、

「おー、そうか、じゃあ風呂入ってくるわ!」

 

と入浴して頂けました!!\(^^)/

 

 

必ず上手くいくとは限らないけど・・

 

前回、今回と坂本じぃちゃんのケースでは、

落ち着きを取り戻してくれましたが、

場合によっては、必ずしも上手くいくとは限りません。

 

但し、そばに寄り添ったり、

相手の話を一旦受け入れる事で、

不安を取り除いていく事は、とても大切です。

 

場合によっては時間がかかる事もあります。

 

でも親身になって話を聞いて、

焦らずに落ち着きを取り戻してもらう。

 

これは、他人の介護士よりも、

家族の方がより効果的であることも少なくありません。

 

家族だからこその高い安心感。

 

在宅介護されている方の参考になれば幸いです。

 

 

 

■■■■■あなたの質問や感想などもお待ちしています■■■■■

 

本日も、最後までお読み頂き、ありがとうございます!

 

もし宜しければ、

ブログから、【人気ブログランキング】の応援クリックを頂けましたら幸いです!!

 

⇒  https://kaigo-goodlife.com/thank-you-for-your-click

 

只今、いい順位をキープさせて頂いております。

ありがとうございます!!

 

その他、感想や相談など、

なんでも気軽にお送りください。

 

⇒  https://kaigo-goodlife.com/contact

 

 

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

最近、またコロナ(オミクロン株)による感染者が激増し、

うちの介護職員のお子さんの小学校も学級閉鎖になったり・・

 

当然、その学級の児童は、濃厚接触者。

 

さらに児童の親も濃厚接触者であれば、

現時点では感染した人と濃厚接触があった日から

7日間を待機期間として出勤停止。

 

まぁ介護業界だけではないでしょうが、

人手が足りない業界は、職員1人の出勤停止でも

厳しい状況となるでしょうし、

飲食業の方々などは、営業時間の短縮や

そもそも営業出来ないということも・・・

 

検温、手指消毒、自宅や職場の消毒、

サージカルマスクの着用などなど、

出来る事はしっかりと行い、

感染予防対策しながらも、

いかに経済活動を維持していくか

何を最優先としてアプローチするのか、

しっかり考えていかないといけませんね。

 

 

メルマガのお申込みはこちらから

上記のバックナンバーを読んで

このメルマガの購読価値があると思われた場合には

以下より購読(無料)をお申し込み頂けます。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

樋口 修

医療法人社団OFC 小規模多機能型居宅介護施設 ファミリーケア浜須賀管理者 FineVillageげんき村 ヘルス・プロ エグゼクティブ・アドバイザー

樋口 修

カテゴリー
最近の投稿
コメント
アーカイブ